スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ポール・マッカートニー
ということで、11/15の福岡公演、11/21の東京ドームと2回ポール・マッカートニー公演に行ってまいりました。

ヤフオクドームではリンク先のhajimeさんとそのお母様にご挨拶できました。
また、その日は不肖ワタクシめの誕生日ということでwお気遣いいただき、ありがとうございました。
実は福岡ではいつも天神界隈をウロウロしていたので、博多近辺の地理がイマイチわからず、とりあえずホテルに戻ってるのが無難だろうと思って部屋に戻ってしまったのですが、その節は失礼しました。
またいつかゆっくりお話できる機会があることを希望しますw ←「希望しますって天皇かw

さて、ポール・マッカートニーです。
私ね、ここ数ヵ月、例の「ROCK SHOW」を見過ぎて、あの時のポールってのは彼の音楽人生において複数あるピークのうちの一つの山に確実に昇り詰めていたわけで、ビートルズ時代の20代のポールも好きだったけど、34歳のポールもまた全くもって最高で、本音ではやっぱり30代のポールを生で観たかったなーと内心思ってました。←無理w

でも、そんな失礼な本音を訂正します。
71歳のポールは、30代を超えていた・・・かもしれない。
来日の度に「これが最後の来日!?」と言われていたらしいポール、今回の来日こそが最後・・・なんてウソでしょw
ポールは生涯現役ロッカーですよ。
来日も数年後にまたあると信じてます。
ポールを一般の70代と思ってはいけないw
めっちゃパワフルですよってw

さて、普通、ドームクラスの大会場のスクリーンって横型の長方形ですよね。
でもポールのコンサートでは、縦長の長方形スクリーンがメインステージに向かって左右一つずつ。
これが(感覚的には)まるで等身大パネルみたいで、1曲目が始まってすぐそのスクリーンに全身スラリと映し出されたポールは信じられないくらいカッコよかった!

福岡ではメインステージのほぼ正面だったので(スタンド席なのでポールは豆粒程度でしたがw)、この縦長スクリーン、そしてメインステージの後ろ側にところどころ流れる昔の映像も含めた演出を堪能できました。

しかし、東京ドームではステージ向かって左端側のスタンドで、ステージの真横から観る形になってしまったのが残念でした。

以下、福岡・東京まとめての感想など。

1 Eight Days a Week
2 Save Us
3 All My Loving
4 Listen to What the Man Said
(東京ドーム11/19ではJet
5 Let Me Roll It

5曲目には結構驚いた。これ、「ROCK SHOW」、つまり76年のライブでもわりと最初の方(3曲目)に演奏されてる。そんなにセットリストに入れたいほどお気に入り(?)の曲なのかしら? これを入れるくらいなら他の曲でもよかったんじゃね?と個人的には思いましたが、スローテンポの曲なので(そのわりにわりとハードなロックナンバーと言ってもいいだろう)、箸休め的な位置づけなのかしら?w

今回、私はセトリ持参で観ていたのでw次の6曲目が「ペイパーバックライター」だと知っていたけど、あらら?その前に「ペイパーバック~」のアレンジにしては大胆だなぁと思えるwすごくカッコいいギターの曲の演奏があり。どこかで聴いたことがあると思ったら、ジミヘンの曲だったんですねw いやぁこれもすごく良かったです。

6 Paperback Writer
7 My Valentine
8 Nineteen Hundred and Eighty-Five 1985
9 Long and Winding Road 
10 Maybe I'm Amazed


6では60年代、まさにこの曲のレコーディングに使ったOriginal Guitarでの演奏でした。
このギターと同じ空間にジョンもジョージもリンゴもいたわけですよね。そう考えると四十数年の年月だけではない重みをも感じました。
7は現夫人、ナンシーのために(ここは英語で。彼女は客席にいたようです)、10は「リンダのために書きました。書きましたー!」と日本語でアナウンス。
10は最も好きな曲の一つなので、生で聴けるのをとても楽しみにしていたのですが、ちょっと粗かったかなぁ。

11 I've Just Seen a Face(11/19東京ドームでは、Things We Said Today
12 We Can Work It Out
13 Another Day
14 And I Love Her
15 Black Bird
 

11の「夢の人」・・・これもウイングス76年のライブでも演奏してましたね。私はさほど好きな曲ではないんですが、これもよほどお気に入りなんでしょうか。
12はどれだけ繰り返したかわからないくらい好きな曲だったので、嬉しかったです。
サビのLife is very short・・・のコーラスの時、心の中でこっそりジョンの声を探してました。

余談ですが、何年前だったか、日本の何かのCMで、ポールがどこかで(たしかリヴァプールでのビートルズ関連の講演だったような気がするけど)スピーチをするシーンが用いられ、その時に自分の曲にひっかけて「We can work it out!」(きっとうまくいくよ)と言ったら、観客にドッとウケてたのが印象的です。

さて、セトリの前半で、ナンシーやリンダのための曲を披露したポールですが、14は60年代に恋人だったジェーン・アッシャーにインスパイアされてできた曲ですよねw 
ジョンの前妻、シンシアによると、当時のポールは「鉄壁も崩れるくらい」ジェーンに惚れていたそうですw
上流階級出身でもあった彼女がもう自慢で仕方ないというかw「ちょっと君たちより僕のやってることの方が優れてるよ」くらいな勢いだったとかw
ポールにとって特に重要だった女性たちに絡む曲をブチ込んでくるあたり[しかしさすがに二度目の(悪w)妻の曲はないわなw]、ポールの作風に影響を与える女性の存在は欠かせないというところか。
※まぁ、ジェーンのことは今さらそこまで意識してないだろうけど、他の曲でもいいのに、それでもAnd I Love Herを選んだのはいったい・・・?w

個人的に特筆すべきは、15。
これもまた「ROCK SHOW」でも演奏されてました。
ワタクシ、長ーい間、この曲がビートルズの曲だということを知らなかった。かなり最近です、そのことを知ったのは。というのも、ウイングスの曲にやはりROCK SHOWでも演奏された「Blue Bird」という曲があり、青い鳥に黒い鳥(あえて言うならツグミ。しかし本当は黒人女性のことを指しているらしい)・・・対称的になるので、2曲演奏したのだと思ってました。

元々、私はブルーバードという曲が大好きで、バラックバードの方はそれほどでもなかった。
ブラックバードの良さがわかるようになったのも比較的最近のことでして・・・。

だから今でもポールがブラックバードを演奏していることは嬉しかった。
実際聴いてみて、特にこの曲のボーカルがもぉぉ~鳥肌が立つくらい素晴らしかった!
もちろん70年代のも決して悪くなかったけど、今回のポールは声がまるで違って、なめらかで素晴らしかった!
ボーカルだけ言えば、今回のセトリの中ではブラックバードにベストボーカル賞を差し上げたい。←何様w

ここまでで十分長くなったので、一旦アップします。

続きはまた後日。
【2013/11/24 20:59】 | Paul McCartney(&Wings) | コメント(2) | page top↑
<<続・ポールマッカートニー | ホーム | 昨日帰国しました。>>
コメント
Re: hajimeさん
その節はありがとうございました。
ヤフオクドームでは、終演直後に(紙吹雪が舞い始める直前くらい?)即座に席を立って会場を飛び出しましてwそのまま半ば小走り状態で人混みをスイスイすり抜けながら唐人町駅へと一目散w(駅が混み合うことも予想されたので、とりあえず急げるだけ急いだのでしたw)。
hajimeさんたちはアリーナ席にいらしたので、特にアリーナは規制退場に引っ掛かかるかも?とは思ってましたが、すみませんでした。
またの機会を心待ちにしておりますw

ジェーン絡みの曲って結構いっぱいあるんですよね。
福岡ではGet Backの代わりにI Saw Her Standing Thereをやってましたが、これも「彼女は17歳」ってジェーンとの出会いことかなぁ?
All My Lovingもそうらしいですしw

あ、私、実は長年のジェーンファンなので、ポールはそんなこと今さら意識もしてないでしょうけど、ちょっと嬉しかったりしますw

And I Love Herもポールの代表的な曲の一つですし、演っても当然というかおかしくはないですが、なかなか渋い選曲ですねw

Black Birdも本当に良かったです。日本公演じゃなくてもいいから、DVDとか出してくれないかなぁ。
それでなくても70代でのツアー、いろんな意味で記録に残すべきだと思うんですがw
【2013/11/26 23:45】 URL | Lufe #-[ 編集] | page top↑
福岡ではこちらこそありがとうございました。
おみやげ美味しく頂きましたw
失礼なんてとんでもないです、こちらがもう少し早く地下鉄にたどり着ければ良かったのですが。
観客が移動開始した後で制限退場なので席に戻って下さい、なんてアナウンスされてもですね。なんか手際が悪かったですね。
是非またの機会に。

東京ではJetやったんですか、良いなぁ。

Let Me Roll Itは、前回もやってたのでお気に入りなんでしょうね。

And I Love Herは単に前回やってなくって、人気も思いれもあるからとかじゃないですかね。好きな曲なので聴けて良かったです。

>ブラックバードにベストボーカル賞を差し上げたい。

同感です!


【2013/11/26 00:17】 URL | hajime #4HkZWzJ.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。