スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Jimmy McCulloch
映画「Rock Show」(以下、RSと略す)のブルーレイやら、アルバム「Wings Over America」などに加えてポールの来日決定で、ポール&ウイングスのmyブーム冷めやらずといった感じでwもうしばらくポール関係の記事を続けたいと思います。

今日スポットライトを当てるのは、ウイングスのギタリストだったジミー・マッカロック(1953-1979)です。
マカロックとかマックローチwとか、日本ではいろいろな読み方をされていたこともありましたが、「RS」でデニー・レインから紹介された彼の名前は、「マッカロック」というのが一番正確な発音に近いように思います。

ウイングスのメンバーというのはポール&リンダ夫妻とデニー・レイン以外は比較的流動的だったこともあり、ポール夫妻以外のメンバーについてはよく知らなかった。

私がジミーを初めて知ったのは、79年、彼の訃報(死因はヘロインの過剰摂取だったとのこと)だったのかもしれません。
当時、私は既にビートルズのファンクラブ「ビートルズ・シネ・クラブ」(略称:BCC)に入っており、たしかBCCでは毎月会報が届いたと記憶してます。
会報を開くと、2ページ見開きでビートルズのメンバー4人それぞれの最新情報や近況なんかが載ってました。
その頃ジョンはまだ生きていたけれど、活動休止期間(いわゆるhouse husband=主夫時代w)だったので、今思えばよく毎月何かしらジョンの情報載せられてたと感心します。ていうか積極的に音楽活動をこなしていたのはポールくらいかw

さて、話を戻すと、その会報のメンバー情報コーナーで、ジミーの訃報が載ってたのです。享年26歳。
しかし、今回の記事を書くにあたってジミーのことを調べてみたら、彼は77年頃ウイングスを脱退後、DUKESというバンドに加入していたんですね。このデュークスというバンド名に見覚え・聞き覚えがあるので、訃報よりも先に、元ウイングスのメンバーとして、DUKESに加入したというニュースも会報に載っていたような気がする。

ともあれ、ジミーのことで私が認識したのは、26歳という若さで亡くなってしまったということだけ。

それから少し月日が流れて、LPの「Over America」を聞いたり、81年に映画「Rock Show」を見に行ったりして、ジミーのファンになりました。
それから30年近く、ジミーは「もうとっくに亡くなってしまったんだけど、好きだったんだよなぁ」という感情として私の中にずっと残っていました。

ジミーも、そしてリンダももういない・・・。

「RS」を見ていると、ジミーが亡くなってもう34年も経つなんて信じられない。

「RS」を何度も見ているから、11月の日本公演の時には、ジミーのギターやリンダ(が亡くなって早くも15年も経ちます)のコーラスの声が聞こえないことをきっと寂しく思ってしまうんだろうなぁ・・。

さて、Wingsの曲に「Junior's Farm」(1974年リリース)というなかなかハードロックなナンバーがあり、私、中学時代に初めてこの曲を聴いて、特に中間あたりのギターソロが死ぬほどかっこいいいいぃぃ~!!と思って狂ったように激リピしていたことがありましたw←

なんと、つい最近知ったのですが、この「ジュニアズ・ファーム」、ジミーがウイングスに加入してから初めて参加した曲だったそうなのです。
たしか、この曲は最初のリリースがアルバムの中の曲としてではなく、シングル単品としてリリースされた曲で、後に「Wings Greatest」というベストアルバムに収録されました(私が聞いたのもそのアルバムで)。

そうか、ギタリストがチェンジしたので、それでポールがジミーを紹介方々(!?)、ギターソロの直前に「Take me down、Jimmy」という声が入るんですね・・・などと腑に落ちたりしてw

あんなに大好きだった「ジュニアズ・ファーム」のギターソロ、それがジミーの奏でるものだったと知り、今さらながら感激しきりでした。

ほら、なにぶん、ウイングスはメンバーが流動的だったのと、基本ポールにしか関心がなかったので、どの曲を誰が弾いてるとか、ほとんど気に留めていなかったのですよ。

若くして亡くなったジミーですが、ウイングスの一番好い時期に在籍し、「RS」にもその勇姿が燦然と残っていることがせめてもの救い・・・いや、本当に素晴らしいです、彼という人が存在していたことが。

ジミー自身は13歳でプロデビューするほどギタリストとしては早熟だったようですが、ウイングス加入当時は20歳くらい? 2年後の全米ツアー(「RS」)の時と比べると、なんだか信じられないくらい初々しいですねw

Junior's Farm by Paul McCartney&Wings

【2013/07/26 23:39】 | Paul McCartney(&Wings) | コメント(0) | page top↑
<<うわぁぁ~ん(涙)← | ホーム | ポール・マッカートニー来日決定!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。