スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Soily
前回の記事はまぁプロローグみたいなもので、作品の紹介や購入した経緯の説明も兼ねて、若干おざなりになってしまって(←)すみません。

映画「Rock Show」にまつわる話の本題はこれからですw

ライブの「Maybe I'm Amazed」はスタジオ録音盤の小ぢんまり感から何倍もスケールアップし、エモーショナルかつドラマチックなところが最高ですが、それと並んで私が大好きだったのが、アンコールで演奏されていた「soily」という、ハードロックナンバー。

これはライブ専用の曲で(いまだに)スタジオ録音盤はなく、よって3枚組LPの時代は正式な歌詞がなく(歌詞の聴き取りが不能ということもあり)、この曲だけ歌詞カードに歌詞が載っていませんでした。

※何度かスタジオ録音を試みたことはあったそうですが、なぜか実現せず。実際、ライブ向きの曲ではありますね。Wingsライブではアンコールの定番曲だったそうです。

Soilyって何だろ?と辞書で調べると、Soilyという言葉はなく、その代わり「Soil」はありました。
土とか土地、そのほか、汚す・・・なんて意味もあるようです。
たぶん曲に合わせて「Soil」ではサマにならないのでwポールが「Soily」にしたんだろうけど。

でもなんか意味がわからなくて、この曲の歌詞の意味するところをずっと知りたいと思ってたわけです。

で、映画「Rock Show」が初めてNHKで放送された時(←おそらく短縮版として)、ご丁寧にもすべての曲に歌詞の日本語字幕も付いてたんですよ。
それを見て初めて「Soily」の歌詞の内容を知り、ワタクシ、目からウロコというかエラク感動したんです。

歌詞には、一部抜粋すると、

読者に作家、農夫に僧侶、品質管理人、生まれながらに死んだインディアン、弁護士、医者、犬、太った犬を飼っている配管工、ローマ人にイタリア人、嘘つき、ペテン師、ジャングルの総長、聖人、生活保護を受けてる信者、アクション画家(action painterとあるが、もしかしてactive painter、常に絵を描いている活動的な画家ってこと?もしくは躍動的な画風の画家ということか??)、ヒトラーの息子、トミー銃を持った共産主義者

等々、いろいろな階層なり職業なりの人々が出てくる。

おそらくNHKではかなり拡大解釈というか、粋な意訳をしてくれたんでしょう、

「Soily」をこう訳していた。

(たとえ生前にどんな奴であろうと)皆、死んでしまえば土に帰る。
土に帰ってしまえば皆同じ

・・・そのような対訳だったと記憶しています。

社会的地位のある偉い人もそうでない人も。どうしようもないワルも聖人のような人も。
要するにみんな平等・・・?

そうか、Soilyってそういう意味だったのか・・・!と、こちらの対訳の方が自分的にひどくしっくりきたものでした。

いや、ここでさらに拡大解釈をすると、死んでしまえば皆同じ、土に帰るだけ。だから生きている今を精一杯生きよう!・・・・と取れなくもないw

今回CDでは、この「Soily」の英語詞ならびに対訳も掲載されています。
「泥臭い」って訳されてるけどww

Soily!Soily!と連呼した後に、

The cat in satin trousers said it's oily


歌詞カードでは「サテンのズボンをはいた猫が油っぽいと言った」と直訳されてますが、意味不明じゃないですかw
これってもしかして何かの慣用句なのかしら??と思ったり。

歌詞の頭では、まさにライブ向きな内容で、

People gatherd here tonight
I want you listen to me
To your left and to your right
You've got some pretty soily company

今夜ここに集まってくれた人に聞いてほしいことがあるんだ
君の右や左に、泥臭い仲間がいるだろう

そして、上記のように

Readers、writers、farmer、priest・・・と続きます。

みんな聞いてくれ!と言ってるから、やっぱり生きてる今を大切にしようって意味なのかなぁ??




珍しい、74年のスタジオセッション版も発見w

【2013/07/14 22:16】 | Paul McCartney(&Wings) | コメント(2) | page top↑
<<ポール・マッカートニー来日決定! | ホーム | Wings Over America>>
コメント
Re: hajimeさん
今朝、めざましTVで来日の一報を聞いて焦りました。
誕生日に福岡公演なんですが~行くべき??ww 一応遠征もやぶさかではないのですがw

全盛期のウイングスもブルーレイも勿論お勧めですが、生のポールが見られるのはこれが最後かもしれませんし、福岡でも東京でもどちらか是非行きましょうよw

猫のくだり、英語の慣用句的なにほひがしますが、何なんでしょうね?
英語に堪能であるはずの対訳者でも意味がわからないなら、英語圏の友達にでも訊いてくれればいいのにって思いますw
ポールも全く意味不明なことを歌っているわけじゃないでしょうに・・・。

他にも今回のCD版の対訳には読むに堪えないものがあり、それならLP版の対訳(は全般的にそんなにひどいものじゃなかったと記憶してます)をそのまま流用してくれればいいのに・・・と思いました。
あ、もしかして往時のLPと現在のCDではそもそも販売元のレコード会社が違うのかもしれませんが・・・。
【2013/07/17 10:05】 URL | Lufe #-[ 編集] | page top↑
なにげなく、ポール関連検索したら来日公演!
チケット先行予約開始!!
うわ~来日のニュースさえ知らなんだぁ~。
早速手続きと思ったら、16,500円
全席一律ですよねぇ。旅費、ホテル代も含めると・・・。
他に旅行の計画とかあって、ヴァンヘイレンもあきらめたんですよね。
ああー悩む!
とりあえず、「Rock Show」のブルーレイを注文するか。

猫のくだりの訳、意味不明ですよね。
他の歌詞でもよくありますけど、意味あるのか無いのか分かり難いものは注訳でも書いてほしいです。
【2013/07/17 00:33】 URL | hajime #4HkZWzJ.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。