スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
年齢不詳な男たち
5月9日に中野サンプラザで行われたWhitesnake(以下、ホワスネw)のコンサートに行って参りました。

ホワスネと聞いて今でも思い浮かぶベストメンバーといえば、

・エイドリアン・ヴァンデンバーグ(G)
・ヴィヴィアン・キャンベル(G)
・ルディ・サーゾ(Bs)
・トミー・アルドリッジ(Drs)



・・・・そう、87年頃から2~3年でしたか、例の全盛期のメンバーです。

なので、現在のホワスネメンバーについては全く知らなかったし、調べようともしなかった。
あ、これって3月のJourney公演でvo.のアーネル・ピネダについて全く知ろうともしなかったケースと似てますねw

さて、ライブが始まると、David Coverdale(デビカバw)の隣に、ブロンドのロングヘアをなびかせ、あのエイドリアン・ヴァンデンバーグを彷彿させるギタリストが演奏している。
彼は終始シャツの前をはだけていて、終盤になると上半身裸w
客観的に見て、(欧米人の男にはありがちですがw)ハッキリ言ってすごくイイ身体をしてたんですよw

でも事前調査なんか何もしていないから、当然名前も何もわからない。

その後、ライブの途中でメンバー紹介があり、驚いたことにドラマーにトミー・アルドリッジが復活していた!
そして私が気になっていたヴァンデンンバーグもどきwのギタリストは「ダグ・アルドリッチ」という。
で、耳だけで聞くと「アルドリッジ」と「アルドリッチ」はほとんど同じに聞こえるわけですw
それで「えっ!まさかトミー・アルドリッジの息子なの!?」とか思ったわけです。

トミアルさんwが何歳か知らないが、過去のキャリアから換算すると、60歳くらいにはなっているハズ。ということは、その息子はだいたい30歳くらいか??などとその時は思ったわけです。

ほら、Journeyのコンサートでもジョナサン・ケインの娘&ニール・ショーンの息子が前座を務めていたりしたし。
・・・とはいえ、ホワスネってのは基本的にデビカバのワンマンバンド。デビカバの息子ってならまだしも、雇われドラマーというと語弊ありますが、いくらトミアルさんが旧知の仲だとしても、その息子をギタリストにするか~??という疑問も多少ありました。

ということで、帰ってから早速「ダグ・アルドリッチ」について調べてみると・・・ハイ、ワタクシ完全に間違えておりました。

Tommy Aldridge(トミー・アルドリッ

Doug Aldrich(ダグ・アルドリッ

ええ、親子どころか、そもそも名前が違いますw


さらに、トミアルさんの息子としてw(勝手に)30歳くらい?と思っていた、いや、そう思っても不思議ではないと言ってもいい、若々しいダグアルさん、なんと年齢が49歳でした!!(爆)

適度に鍛え上げたいい身体してるしwブロンドのロングヘアのせいでしょうか、遠目(2階席w)からはかなり若く見えたのです。

これって、ジャーニーのアーネル(45歳)のパワフルなパフォーマンスぶりに、28~29歳くらい?と思ってしまったあの時の例と似ていますw まさに年齢不詳な件ww


さてさて、ダグアルさんがやたらにヴァンデンバーグを彷彿させたせいでしょうか、ホワスネの定番ナンバー「Ain't No
Love in the Heart of the City」のイントロが流れた時、私まさかエイドリアンがホワスネ参加前に活動していた自身のバンドVandenbergの「Burning Heart」かと思ってしまったよ。

えっ、デビカバってかつて一時期自分のバンドに参加していたギタリストのバンドの曲をわざわざカバーするほど寛容な人だった!??(爆)・・・いやいや、そんなはずはない。いくらなんでもホワスネのライブでわざわざVandenbergの曲なんかやるはずないよな、と自分に言い聞かせました(笑)。

イントロの雰囲気が似てたんだよね。

これはスタジオ録音盤で聞くより、ライブで聞くとより素晴らしい曲で(オーディエンスとの掛け合いがなかなか感動的)、ぜひ一度生で聞いてみたいと思っていた曲の一つなので、今回演奏してくれてよかったです。

Ain't No Love in the Heart of the City by Whitesnake



2005年のライブ映像だそうです。この頃はデビカバもまだまだ若々しいw
どうやらダグアルさんは2006年頃からホワスネに参加しているようなので映像に映るブロンドギタリストたぶん別の人かと?
【2013/05/23 22:19】 | Whitesnake | コメント(3) | page top↑
<<Burning Heart | ホーム | Steve Vai 来日決定!>>
コメント
Re: hajimeさん
まぁっ!まさかこんな身近にホワスネ全盛期のステージをご覧になった方がいらっしゃったとは羨ましいw

Vaiの記事を書くにあたって、Vaiの映像をようつべで探していたところ、ホワスネ時代の映像が出てきました。ていうか、その映像見るまでVaiがホワスネに在籍していたことなんてすーっかり忘れてましたよw
そのDVDの映像なのかなぁ? 確かに画質酷かったですw

ちなみに何年か前にリリースされたVai在籍時のAlcatrazzのDVDは持っておりますw

ダグ・アルドリッチもLionも知りませんでしたw
早速ブログ拝見しましたよ♪
懐かしい写真のupもありがとうございます。
なんかあんまり変わらないですね彼は。
若い頃より今の方がむしろ多少逞しくなったという程度の差でしょうか。
ブロンド野郎は老けないww
【2013/06/04 14:35】 URL | Lufe #-[ 編集] | page top↑
便乗して、ブログに書かせていただきました。
【2013/06/04 12:05】 URL | hajime #4HkZWzJ.[ 編集] | page top↑
88年の来日時に名古屋で観に行きました。
この頃が全盛期だったと思いますが、2年程前にヴァイ在籍時のDVDが発売されたんですよね。
画質は酷いですがw
ヴァイが楽しそうで、予想外に良くて生で観てみたかったです。

>「えっ!まさかトミー・アルドリッジの息子なの!?」

爆笑!
あら、ダグ・アルドリッチはご存知なかったですか。
Lionと言うバンドでアメリカより日本の方が人気あったと思います。
そう言えば、20年前位の楽器フェアで撮った写真があるはず。

映像のギタリストはダグで間違いないです。
【2013/06/03 23:34】 URL | hajime #4HkZWzJ.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。