スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
もうすぐですね
10月にアメリカ旅行に行った際、2日目に参加したNY市内観光ツアーで初めてダコタハウスに行ったんです。
その時にガイドさん(50代後半・アメリカ生まれアメリカ育ちの日系人/男性)が、ヨーコのことを「あの人は何もしなくてもジョン・レノンの遺産で一生遊んで暮らせるからね~」と揶揄するようなことをチラッと言っていて、それはそれでガイドさんの個人的な見解なんでしょうけど、なんとなくアメリカ人から見た「レノン未亡人」って実はそんな風に思われてるのかなぁ・・・と思ったんですが。

その2日後に参加した、フィラデルフィア日帰りツアーでお世話になったガイドのSさん(男性)は推定年齢40代前半?の日本人男性(といっても永住権獲ってるんでしょうね)。
話の流れで、彼の出身は九州で、少なくとも大学卒業までは日本にいたようです。大学の入学式と卒業式が武道館だったと言っていたのでw(ということは大学は(推定)日大かとw)

そのSさん、大のビートルズファンだった上に自称「感激屋」さんだそうでw、入学式で初めて武道館に足を踏み入れた時は大層感動したそうですw「おぉ~!ここであのビートルズがコンサートをやったのか~!」と、感激しきりだったとかw

で、その後、車中でSさんと他のお客さんの会話の流れで聞いたのは(なぜビートルズの話になったのか話半分で聞いていたのでよくわからなかったけど)、Sさんの見解では、ヨーコは「ビートルズをダメにした魔女」みたいなもんですよ、とのこと。

ヨーコに夢中になって、ビートルズを顧みなくなったジョンに対して、ポールがなんとか戻ってきてほしいという想いでつくったのが「Get Back」であり、「Long and Winding Road」(長く曲がりくねった道)であり、「Let It Be」(なすがまま、あるがまま・・・言うてみれば、なるようにしかならない!?w)だったとか。

私も中学時代には熱狂的なビートルズファンだったので、その頃読んだ本などでビートルズのことはそこそこ知っているつもりでしたけど、あれらの曲にそんな裏事情があったのねぇ・・・と他のお客さん共々うなづいてました。

余談ですが、「Let It Be」の歌詞で、「僕が悩み苦しんでいる時に目の前に現れる」Mother Maryは、対訳によっては「聖母マリア」となっていて、それは間違いではないではないけれど、むしろポールが14歳の時に他界した母、Mary(メアリー)、文字通りMother Maryですよね。
実際の母親であり、しかし亡くなった母親というのはえてして神格化されていて、いわば聖母マリアのようなもの。
なので、この2つをかけたものなんでしょうね。

そのMother Maryがspeking words of wisdom(悩む自分に賢明な言葉を投げかける)
それが、Let it be・・・。

幾重にも深い歌詞だなぁ~と・・・この曲は前から曲以上に歌詞が好きです。


さて、日本時間では明日9日がジョン・レノンの命日になりますね。
命日だからというわけじゃないんですが、少し前に面白いものを入手したので、ジョンのこといろいろ書きたいことが出てきて、どうせなら命日より前にUPしようと思ってましたが、間に合わないので、今日はここまでで。

まだレノン話は続きます。
【2012/12/08 21:07】 | John Lennon | コメント(2) | page top↑
<<ふたりだけのクリスマス | ホーム | ついに来た!アリーナ席>>
コメント
Re: hajimeさん
おっしゃりたいことわかります。

亡くなった方はえてして神格化されることもあいまって、ジョンを神格化しすぎというのもごもっともで(実は次回の記事ではその辺りにも若干触れたいと考えていたんですw)、もし本人が生きていたら面はゆいかもしれませんねw

ちなみに解散後の70年代初頭のインタビューでは、「ビートルズのツアーは(フェリーニの映画の)サテリコン(状態)だった」と吐き捨てるように言っていたのが印象的です。変に美化されるより、ありのままをさらけ出すことをよしとしていた人物だったように思うのですが・・・。例えばビートルズの前半期にブライアン・エプスタインが打ち出した「清く(?w)明るく愉快な4人組」という「ご清潔なイメージw」に反発があったように思えます・・・・。
【2012/12/11 14:31】 URL | Lufe #-[ 編集] | page top↑
オノ・ヨーコさんはビートルズファン、特に海外では評判良くないのでしょうね。
まあ、僕も好きではないですがw

ただ、ビートルズ解散の要因の一つにはなったでしょうが、それを望んだのはジョンですからね。
僕がイマイチ好きになれないのは、ジョンを神格化し過ぎ言うか、あまりにも愛と平和のスポークスマン的に扱ってるところですね。(ヨーコさんに限らずですけどね)

結果的にそのようなメッセージを発してますけど、ジョンって元は子供っぽい不良で、好きなロックで言いたい事を言っただけじゃないかと。

本人が亡くなってるので知る由も無いですが、今の扱われ方にはシニカルなジョークでも言うのではと思うのです。

アリーナ後方と二階席は微妙ですね、場所に寄っては二階席の方が良いですよね。
僕はホワイトスネイクを観に行った時に、アリーナ最後方で凄く苦労しました。
【2012/12/10 00:28】 URL | hajime #4HkZWzJ.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。