スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Quarterflash
80年代のロックを散りばめた話題のロック・ミュージカル映画「Rock of Ages」(このタイトルからしてデフレパの曲名ですよw)の公開(9月)が待ちきれず、とっととサントラを買ってしまった。
この映画の予告編を見るだけで、期待を裏切らないであろうことがわかったので。
で、アマゾンで注文した品が今日届きました。

ロック・オブ・エイジズ オリジナル・サウンドトラックロック・オブ・エイジズ オリジナル・サウンドトラック
(2012/06/27)
サントラ

商品詳細を見る


ヤバイです! 案の定、知らない曲が1曲たりともないというwこれは超感涙モノでした。
言うてみれば全編カバー曲なんですが、オリジナルを知っている者から見ても不思議と違和感がありません。
違和感云々よりも、これだけの珠玉の作品群(選曲も渋い)が滅びることも忘れ去られることもなく、こうしてこのミュージカルを通して80年代の時代感と共に鮮やかに蘇る・・・その喜びが何よりも勝る!

アルバムが届いて特に曲目を確認することなく、とにかくCDプレイヤーにかけて聴いていたところ、ハードロック系バンドの曲がメインな中で、異色かつ意外な曲が流れてきた。

それがこれ、Quarterflash(このグループ名も小洒落てる)のデビュー曲 Harden My Heart(邦題:ミスティ・ハート)
以前より、この「80年代の隠れた名曲シリーズ」で取り上げたいと思っていた曲の一つですがなかなかきっかけがつかめ、放置してました。やっと取り上げられたわw

ボーカルのリンディ・ロス(メンバーのマーヴ・ロスは夫)が奏でるサックスのイントロが非常に印象的かつ他に類を見ないオリジナリティあふれるもので、当時イントロ一発で好きになった曲です。
82年に全米最高位3位。なのに年間チャートで13位にランクインとは、相当ロングセラーになったんでしょうか。これは大健闘でしょう。




蛇足ですが、「Rock of Ages」の日本版サントラは各曲の解説のほか、英詞と対訳まで付いているのがありがたい。






余談ですが、トム・クルーズは今回主役ではないにもかかわらず、この作品のために1日5時間週5日のボイストレーニングを重ねたとか。
俳優の歌声なんて吹き替えでも正直構わないくらいなのに、彼の俳優業、映画に賭けるプロ意識の高さを改めて感じます・・・てか、ロックミュージックが輝きを放ち、成熟期を迎えた80年代、60年代生まれの青春が凝縮されてる80年代、リアルタイムで知っている1962年(60年代)生まれのトムとしては、多少苦労はしてもこれは自分で歌わずにはいられないでしょうね。
実際、ここまで歌えれば、上等だと思います。
【2012/08/13 00:17】 | 80年代の隠れた名曲シリーズ | コメント(2) | page top↑
<<Tom CruiseとJon Bon Joviの共通点 | ホーム | よっちゃんについて書き忘れたこと。>>
コメント
Re: hajimeさん
日本では9月21日公開です。
公式サイト見に行ったけど、まだ公開される映画館は公表されてませんね。
宮古島でもやりますようにw

元々ブロードウェイミュージカルを映画化したものなので、タイトルはそのまま「ロック・オブ・エイジズ」を使うようですよw

10月にNY行くのでこのミュージカル見ようかなぁと思いましたが、トム・クルーズも出てるし(ファンですw)映画版だけで十分かな。ていうか絢爛豪華そうなw映画を見たら舞台版て物足りなくなりそうな気もしますが、ともあれ渡米前に映画を見てから考えようw
【2012/08/17 18:22】 URL | Lufe #-[ 編集] | page top↑
この映画、気になってたんですけど9月公開ですか。
こちらは映画館一つしかないので、来るのか分かりませんけど。

日本だとデフレパの曲名をタイトルに持ってこない気がするのですが。
もう一つ、一般の人が分かる程メジャーじゃない気がしますよねw
アメリカだと分かるんでしょうねぇ。
て、売上見たら当たり前ですけどw

Quarterflashは知りませんでした。
【2012/08/17 00:10】 URL | hajime #4HkZWzJ.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。