スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
18 til I die な52歳は今でもCuts Like a Knifeだった!
ということで、ブライアン・アダムスの武道館公演(2日目/日本公演最終日)に行ってきました。

今回セトリも全く確認せず、白紙の状態で臨んだのがよかったみたいです。

場内暗転するとステージ上のスクリーンに「Waking up the Neighbours」(以下「ネイバーズ」)ジャケ写の拡声器みたいなのが映ってるなーと思ったら、1曲目がまさかの「House Arrest」(fromネイバーズ)。
この曲好きなんですが、おそらくシングルヒット曲ではない・・・そのような一アルバム収録曲をオープニングに持ってくる「渋さ」にいきなり嬉しい誤算でノックアウト!w←

初めて目に、耳にする生ブライアンに、どこぞの某作家さんが後に妻となった元アイドルの某女優に初対面で言ったセリフじゃないけどw、まさに「やっと会えたね」の気分(爆)で、終始目に涙がにじみっぱなし。(注:涙が「流れた」とか「頬を伝った」わけではないw)

85年の3度目の来日で初めて武道館公演を行って以来、今回で武道館はなんと通算22回目になったそうです。
デフ・レパードの時も思ったけど、日本のファンは英語の歌詞もしっかり憶えていて、ホント熱いね。
ワタクシなんぞ歌詞も憶えてないし、曲は知っていてもタイトルが思い出せなかったり、どのアルバムに入っていた曲か思い出せないこともあったりで、なんだか恥ずかしいくらいでした。って誰もそんなこと知っちゃいねーよって話ですがw

そんな中、どうしても聴きたかったRun To YouやCuts Like a Knife(この曲がブライアンに関心を持つ大きなキッカケだったと思う)、さらにHave You Really Loved a Woman?などが聴けたのが大収穫でした。

ブライアンは1回行ければいいやと思ってましたが、もし次にまた来日があれば、やっぱり行くと思います。

あ~、そんなつまらない感想しか言えないのがあな口惜しや(苦笑)。
眠いので一旦送信します。
【2012/02/20 21:31】 | Bryan Adams | コメント(0) | page top↑
<<味のある「Ave Maria」 | ホーム | kuta-kuta>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。