スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
The most excellent REPRISE
REPRISE・・・反復、再現部

スティクスが90年代後半に再結成してから発表したオリジナルアルバム、
Brave New World(1999)に今さらながらハマっております。

再結成後のオリジナル音源についてはあまり興味なかったんだけど、例によってYOUTUBEで2000年当時の映像を観たら、
案外クオリティ高い曲が多いではないか。
このアルバム、あまり評価は高くなさそうだけど・・・私はいたく気に入ってます。
たしかにトミー系の曲にはデニスが、デニス系の曲にはトミーが全く関わってなさそうではありますが(笑)、まぁそれはそれで。
音だけ聞くと古さを感じさせないけど、もう18年も前のアルバムになってしまうとは、唖然としますわ。
メンバーはチャックが入ってるけど、一時期スティクスのメンバーだったグレン・バートニックの名前も見受けられるので、
結構グレンがプレイしてる曲が多いのかな?

それはさておき、気に入った曲が多すぎる中、最後のBrave New WorldのREPRISEがあまりにも絶妙に3曲(Brave New、World、Namber One、Heavy Water・・・いずれもトミー作品。一部JYとの共作)を組み込んでいて、なおかついい意味でまったりした感じがもうたまりません。トミーののびやかなボーカルも絶品で。

REPRISEっていろんなアーティストのいろんなアルバムに入ってるパターンですが(スティクスもキルロイの時、トミーのボーカルで入れてたね。あの時は若干投げやりなボーカルだったけどw)、今まで聞いたリプの中でも、Brave~は最高です。




余談ですが、アルバムに記載されているSpecial Thanksリストを丹念に読んでいたら、トミーが後に彼の妻となったJeanne Masonにスペシャルサンクスを捧げているわけですが、
それが彼女のPatience Love and Understanding(辛抱強い愛と理解)に対しての感謝。

82年にスティクスとして初来日したトミーが当時ML(MUSIC LIFE誌)インタビューにて、
女性に求めるものは辛抱強さと理解、そして大きな胸(!)と語っていたのだw
旅回りが多い職業柄か、トミーにとって女性に求めるものは永遠に(?)「辛抱強さと理解」がマストなのねw
【2017/05/07 20:06】 | Styx | コメント(0) | page top↑
<<極めてNight Ranger的なDamn Yankees | ホーム | Something by Paul McCartney>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。