スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Van Halen 「Panama」の原曲?
STYXと並んで、ここ数ヵ月Van Halenもよく聴いたり、映像を観たりしてます。

キッカケは2代目ヴォーカリストだったサミー・ヘイガーの自伝かな。
これがサミーファンならずとも、非常に興味深いもので、
特にVan Halen(兄弟)が好きな方は必読かも。

「天才と狂気は紙一重」・・・をまさに地で行くエディ・ヴァン・ヘイレン。
とにかくあまりに面白くて、もちろん最初は翻訳版を読んだのですが、
こういうセリフは実際の英語ではどんな風に言ってるんだろう?ということに興味を持ち、
わざわざ英語の原書まで取り寄せてしまったよw

英語版も見てみると、翻訳版はとても上手に訳してあるのがわかる。

さて、YOUTUBEでいろいろ映像を漁っていた時に、
新婚時代のエディと元妻ヴァレリー・バーティネリのインタビュー映像(しかもおそらく@自宅)に行き着きました。
BGMの一部に82年リリースの「DIVER DOWN」収録の「PRETTY WOMAN」が使われていること、
二人の当時の容姿から察するに、おそらく82年頃のものではないかと。

3分半程度の映像で、1:10頃からエディがギターを弾いている短いシーンがあるんだけど、
そのつま弾くメロディーのなんと美しいこと!
この曲は音源化されているのだろうか?

そのメロディーを聴きたくて何度か視聴しているうちに気がついた。
曲の一部が84年リリースの「Panama」のイントロ部分となっていることを。



それにしても私はこのカップルが好きでした。
2人のいろんな写真を見たけれど、特にエディはヴァルのことが好きで好きでたまらない感じw
本当にお似合いの二人でした。
81年に結婚した二人は残念ながら2007年に離婚してしまったけれど、それでもかなり長続きしたと言えるのでは?

そういえば84年頃?のインタビューではエディは、
「僕は結婚というのは我慢だと思っているから」
と語っていたことがあったけれど、それだって嫌々我慢しているというより、
至って「幸せな我慢」に聞こえたw

サミー自伝によると、一時的にVan Halenに復帰した2004年頃、エディの状態は公私ともにボロボロ。
その頃には既にヴァルはエディの元を去っていたわけですが、彼のボロボロぶりは恋女房に去られたショックも大きいのでは?
その2004年頃、スタッフ等がエディにお酒を止めさせようとしたところ、
エディはお酒のボトルを粉々に叩き割り、
「こいつ(酒)のために俺は家族を捨てたんだ! お前らのために酒を止めたりなんかするかよ!」
と叫んでいたそうですから。

離婚するよりずっと前からヴァルはエディに飲酒を禁じてました。
サミー曰く、エディがお酒を飲まないのはヴァレリーの前だけ。
一応はエディもヴァルの前では誠実な夫たらんとしていたことが窺えますw
とはいえ、自宅に隣接するスタジオには山ほどのドラッグやお酒。
ヴァルが家にいればスタジオで、ヴァルが出かければ家に帰って酒を飲む、といった生活だったとか。


【2017/03/11 23:38】 | Van Halen | コメント(0) | page top↑
<<Survivor | ホーム | Damn Yankeesに見るやるせなさ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。