スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
壮絶ギターバトルの傑作
今回取り上げるのはStyxの隠れた名曲「Midnight Ride」(1975)。

実はワタクシ、十代の頃、Styx、特にギタリスト、Tommy Shawの大ファンでした。
といっても、ファンだったのは1年くらいで、それから実に30年以上(!)Styxのことを振り返ることはほとんどなかったんですが。

Duran Duranも変わらず好きですけど、YOUTUBEをサーフィンしている間にたまたまなんとなくStyxを見てみようかという気になり、
それからは怒濤のごとく、(Duranのことはちょっとお休みしてw)Styxにハマリまくっている今日この頃。

やっぱり十代の頃、好きだったバンドというのは三つ子の魂百までじゃないけどw永遠のアイドルなんでしょうか。
今はまたトミーが好きで好きでたまらない。

トミーの話はまた後日改めて取り上げるとして。

よくよく思い出してみると、Styxに1年くらいで冷めてしまったのは、あのStyxのキャリアにトドメを刺したと言われる(笑)83年の快作ならぬ怪作(?)「Kilroy Was Here」・・・ではなく、その翌年に出たライブアルバム「Caught in the Act」だったかもしれない。
キルロイについては後から思えば正直全体的に薄っぺらい感じがしますが、当時はStyx(トミー)がとにかく大好きだったので、結構熱心に聴いてはいましたね。特にトミーの曲は。

ただ、Styxは特にライブが売りのバンドだったこともあり、初のライブアルバム「Caught~」を私はそれはそれは楽しみにしていたのですよ。
なのに、こちらもまた臨場感とかライブならではの人の息吹を感じられないのない薄っぺらなライブアルバムだったような。
せっかくのライブを妙に美しくまとめあげた結果、ライブというよりスタジオアルバムに毛が生えた程度といいいますか・・・。

Styxのコンサートは行ったことなかったけど、ライブ映像は多少は見ていた身としては、「Styxのライブはこんなもんじゃないよ!」からのー、「一体どうしてこうなったんだろう・・・」という、一種裏切られたような感覚に陥ったように記憶しています。

さて、前置きが長くなりましたが、そんなこんなでトミーファンだった私は、トミー加入以前のStyxの作品については、たとえどんなに名曲があったとしても、どうしても関心が持てなかったです。

なので、トミー加入前のアルバム「Equinox」(1975。邦題「分岐点」)に収められているこの「Midnight Ride」を知ったのもつい最近。

JYことJames Youngの作品。

JYって人は、数は決して多くはないけれど、このほかにも「Miss America」(1977)とか、「Half Penny、Two Penny」(1981)など、Styxの代表作の一つにも数えられるような、なおかつコンサートで凄く盛り上がる名曲を書いていますね。
ビートルズで言えば、ジョージ・ハリスン的な存在。
その他にも、デニス・デヤングとの共作で「Snowblind」(クレジットはJYとデニスですが、歌詞は実はトミー作とのこと)とか、「Lords of the Ring」なども忘れがたい傑作です。失礼、Lords~はデニス作でした。嗚呼勘違いw

しかしこの「Midnight Ride」のまぁぁ~カッコイイことと言ったら、上記の曲たちが吹っ飛ぶくらいの衝撃作。
JYとトミーとのギターバトルがまた最高すぎる!

映像は76年4月2日のもの。
時既に70年代半ばにもかかわらず、白黒ってのが、かえすがえすも無念!ですが、それでもその迫力はいささかも色あせない。
76年4月頃といえば、トミーがStyxに加入して(1975年12月~)4ヵ月程度しか経ってないにもかかわらず、演奏、ステージパフォーマンス共に既に十二分にStyxの中核を担っている感じ。
彼のショーマンシップは本当に楽しいですね。
そしてギタリスト、トミー・ショウを見くびってました。ごめんなさい。
今は世界でいちばん好きなギタリストです。

元々4分台の曲が、コンサートではギターバトルで8分以上の大作に。
スタジオVer.は未聴ですが、ライブの方が絶対良さそう。演奏的にもビジュアル的にも楽しめます。

Midnight Ride by Styx




【2016/10/23 20:51】 | Styx | コメント(0) | page top↑
<<He's still a GOLDEN BOY ! | ホーム | 世界を征服したDURAN DURAN>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。