スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
33年ぶりに見つけたよ
最近、すっかりDURAN DURANが超超絶賛マイブーム中です。
昼休みにスマホのyoutubeでデュランの映像を観たり曲を聞いたりすると、
もう異様なまでに(まるで麻薬のように?ってやったことないけどさw)気分が高揚するのを抑えきれませんw
午後は仕事していても頭ん中、デュランの曲が鳴り響いて、気分はハイだし、仕事が楽しくてたまらない気持ちになる今日この頃です。
最近、夢中になれるものがなかったから、このワクワクする状態がいつまでも続いてほしい・・・。←

さて、そんな中、懐かしい彼らを探して神保町の古書店でこれを見つけました。

DSC_0202_convert_20160911193706.jpg

1983年、夏。
本屋さんでこれの中身を見て、メンバーのあまりの美しさに目が釘付けになりました。
世の中にこんなに美しい人たちがいるのかなって。特にサイモンとジョン。
男性に対して「美しい」と感じたことはそれまでなかったかもしれない。

でもその時はそこまでデュランンファンじゃなかなったし、実はこの冊子自体はかなり薄っぺらいのよ。
それなのに値段が結構高くて(たぶん当時で千数百円くらい?)、迷いに迷って二の足を踏んだような。

中の写真はすべてモノクロで、記事の内容は彼らの楽曲の歌詞なので、記事的にはどうってことないんだけど、
写真がとにかく素晴らしい。
まぁ見て下さいよ。

DSC_0198_convert_20160911194839.jpg
DSC_0200.jpg
DSC_0196_convert_20160911194115.jpg
DSC_0195_convert_20160911194037.jpg
DSC_0194_convert_20160911193950.jpg

もうバンバン並べちゃう(笑)。
まさに貴公子様ではないか(笑)。

歴代のグループショットでも特に気に入ってるのが、
こちら。

DSC_0201_convert_20160911195013.jpg

DSC_0197_convert_20160911194754.jpg

下の写真はジョンの笑顔がたまりませんが、上の写真も甲乙つけがたいですね。

とにかくこのフォトブックを見た時からにわかデュランファンとなったワタクシでしたが、
最初はてっきりジョンがボーカルだと思ってたわね。
ルックスがいいし、目立っていたので、それだけでボーカリストだと早合点(笑)。
顔が良くて声も良くて、歌も巧いなんて完璧王子じゃないですか。

しかし程なくして、友達から教わった。
ボーカルはサイモンという人で、ジョンは地味な(?)ベーシストだということを。
やっぱりバンドの華はボーカルとギターですからね。
地味な(←何度も言うなw)ベース担当というのがどうにも解せなかった(笑)。

そうこうするうちに、83年の9月にジョンとロジャーがプロモのために数日来日。

もうめっちゃ楽しみにしてたのよー。
どんなに素敵な貴公子wかと。

しかし二人は・・・って特にジョンはめっちゃ軽薄な感じの人でした。
「いいとも」とかいくつかのTVやラジオ番組に出たんだけど、終始ヘラヘラチャラチャラしていて、
これはいったいどーゆーこと!!?って感じ。
ちなみにTV東京の深夜番組にも出演していて、その番組には朝吹ケイトさんというポルノ女優も出演しており、
ケイトさんは「ファンなんですぅー」みたいな感じでジョンたちにアプローチするし、
私はジョンがケイトさんに喰われて・・・いや、ジョンがケイトさんを喰ってしまうのかw?
もう心配でなりませんでした(爆)。

ともあれ、あまりのヘラヘラぶりに、もっとキリっとした知的なイメージが(勝手に)先行していたのでw
それからは(特にジョンを)すっかり嫌いになってアンチ化してましたw←

まぁジョンたちからすると、アメリカでもヒットを飛ばしてまさに昇り調子の真っ只中だけに、
チャラチャラウハウハしちゃうのも無理むりないわね。

その後、デュランは翌年(84年)1月に2度目のJAPANツアーを行うために来日するわけですが、
その頃にはデュランのミーハー人気もピークに達していて、私はそれを冷めた目で見るばかりでした

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

【2016/09/11 20:32】 | Duran Duran | コメント(0) | page top↑
<<世界を征服したDURAN DURAN | ホーム | この映像美!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。